禁煙座談会二日目・・・

フムフム‥
なぁるほど
ふ〜ん・・・ て、何のこっちゃ〜

 ひで太郎 「いやね‥実は、皆さんと一緒になって、おぃらも一年ぶりに【禁煙セラピー】を最初から通して読んでみました。よい復習になりましたよ。しかし懐かしいなあ‥

んで、あらためて感じた事ですが‥ 【禁煙セラピー】ってほんま口説いですね〜!  読んだはずなのにまた同じような内容が出て来るからページ間違ったかとおもっちゃうしwww

☆【禁煙セラピー】が言いたい事は簡単にいうと・・・

※タバコにたいする考えと、タバコへの゛世間一般の常識゛までも、すべてが国及びタバコ産業により洗脳されて来た事であり、今のタバコの常識は、すなわち幻想!?のような物である!

従って、一つ一つの洗脳を解いて目を覚ませば 、ニコチンなど要らない素晴らしい世界がまってる!
て、こういう事だと思う。(違ってたら誰かつっこんでww) 」

 

嗜好品?それとも・・・ A君 「そんな感じですね。」

Cさん 
「ん〜確かにそんな感じやったけど、何やタ  バコが悪い悪い言われてるみたいでほんまうっとうしかったわー(ノ`Д´)ノ

Dさん 「あれはほんまの事だとおもいますよ!みんなタバコに対する認識が甘過ぎると思います!

Eさん 「禁煙セラピーは前に読んだ事あったけど、6ヶ月禁煙してて今回改めて読み直してみたら、前はわからなかった部分が、今回は不思議とよく納得できましたよ。

ひで太郎 「あはは。愛煙家のCさんには確かにきつい内容だったでしょうかね。でも、少しは禁煙してみる気になりました?

Cさん 「んー、、、どうかなぁ。でも確かに本に書いてある事が本当ならばやってみてもおもろいかもな。とくに禁煙はたやすいし禁断症状などもともと存在しない。てのが本当やったらな!ノ( ̄0 ̄;)!!ノー!!!!」

ひで太郎 「なるほど!そこに注目されましたか!実はおいらもそうでしたよ!
その答えが知りたくて煙を始めたようなものですからね!その答えはとにかく1ヶ月禁煙やってみればわかりますよ

☆「そのほかにも細かくいろいろ為になる事も書かれてるし、なにより禁煙セラピーは読み終えるまでに確かに結構パワーいりますが、それだけに読み終えたとき強力な『暗示作用』もあるみたいで、おいらなんか嘘みたいに気がつけば楽に一ヶ月禁煙出来てましたから。まさに『読んでやめれる』最強ツールかも
(実際、おぃらもこの本だけで約三ヶ月位は全然平気だったんですよ!
禁断症状も暗示にかかったよぅに全くなかったデス!これは本当不思議でした!

そのたばこを手離して自由になろう!

☆書箱【禁煙セラピー】
やめようとする人の最初の取っ掛かりにはオススメの一冊ですね。




ひで太郎
 「しかしみなさん。このブログは 何と言っても
【☆ひで太郎の卒煙術〜!】デスよ!そのままやったらパクリだし、おいらの経験上あえて、ひで太郎式に少しアレンジ!ちょっと違うよ

☆確かに禁断セラピーだけでも十分卒煙できる人は出来るとは思うけどね‥
(現に世界中で何万人て人がこれで卒煙してるのは事実です!)  

『楽になりたきゃ洗脳を解け!』

さて、禁煙セラピーに書かれてるありとあらゆる『洗脳』の中でも、おぃらが特に納得し重視した【洗脳】とは

[1]ニコチンの巧妙に仕掛けられたおとりのない罠!

[2]タバコには禁断症状などもともと存在しない!

[3]心理的トリーガー機能。
  
の三点です。

[1]はもちろん最初に吸う一本までの世間から受ける洗脳!
☆誰でも最初はノンスモーカーですし、全ては 最初の一本からタバコの『無限連鎖』が始まるのですからね!

[2]は、 禁煙を成功させる為のもっとも重要な洗脳を解いてます。アレン・カーさんは世間一般で信じられてるような『ニコチンの禁断症状』はないと言い切ってます!自分の経験上でも確かに、これはある意味大正解ですね!

でも本当は、ニコチンの禁断症状は確かに存在します。しかしこれは取るに足らないくらい弱い物です。わかりやすくいえば、☆朝起きて最初に感じる『タバコが吸いたい』時の感じ。 ※これがその人の身体的禁断症状の度合いです。 (確かに毎晩7〜8時間は禁煙してますからww)

※実は世間で知られてるあの【禁断症状】は、本当は身体的より、心理的要素の原因が高いのです! すなわちそれは・・・

★禁煙に対する不安!恐れ!、

★禁断症状への恐怖感!喪失感。

など、それらと身体的要素が重なり膨らんだで一緒に感じるのが、実は本当の禁断症状の正体なのです!

でもそれも、うまく洗脳がリセットされた状態でなら ほとんど感じません!
例え感じてもほんの2、3日です。(ちなみにおぃらは最後の一本吸って次の一本吸うタイミングの1〜2時間位で消えた。てか忘れてました)

大丈夫です。心配いりません!安心して禁煙に…いや卒煙に望んで下さい!

最後の【3】の心理的トリーガー機能。

これは、ある状況になると自動的にニコチン禁断症状を和らげる為タバコを吸いたく感じる心理が働く事。
わかりやすく言えば、 よーするに禁煙してる時、タバコ吸ってた時と同じ状況になるとタバコが思いだされて吸いたくなる心理って事ですよ。

実は、これはおぃらも結構頻繁に出て来ましたよ〜
でも、「あ、俺ってこんな状況の時タバコ吸ってたのかぁ」て、みょーな納得したりして結構楽しかったですよ。

てか、そろそろ禁煙したくなって来ましたか
でも禁煙するのはもう少し待って下さいね!

★次の章で禁煙開始するのにとって、とても大事な話しをしたいと思いますから! 






禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)
著者:アレン カー
販売元:ロングセラーズ
発売日:1996-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る