写真00098しばらくブログの更新をサボってましたw

と言うのも‥なかなか自分の周りでも喫煙者の禁煙は成功しません
(何人かは完全に成功しましたですけど後が続きません。)

て言うか‥

やめようとする気配もありません残念でなりませんが、しかしながら禁煙と言うものは、あくまで自発的に行うから成功するとおいらは信じてますから、
やめたくない人にいくら「やめろやめろ」と言って見たところで成功するはずもありませんから、無理にやめろというのはやめる事にしました

まぁ、喫煙率90%以上のうちの会社が「室内全面禁煙」になったのは大きな収穫ですがね!自分としては、「吸いたきゃあ吸ってもいいけど、しっかり分煙とマナーを守ってくれれば文句は無いやっ!」てのが今の正直な気持ちです。

ただ、何とかやめようと思っている方には是非成功してもらいたくて、今回は少しグロイ写真も掲載しました

人間には視覚、聴覚、嗅覚とありますよね。禁煙の知識や情報は聴覚に訴えるものでして、勉強と一緒で、なかなか本人が本当に聞こうとしなければ入って来ません!
でも、インパクトのある写真や絵なら、無意識で視覚から脳にダイレクトに届くはず!と思い、あえてグロイ写真ではありますが掲載させてもらいます。

写真を見て無意識にタバコが嫌になってもらえれば、あなたの禁煙への挑戦は限りなく成功に近づくものと信じます

 ☆その前に‥
喫煙と肺機能の関係 これは喫煙と肺機能の関係を表わしたグラフです。肺の生活習慣病とも異名を持つ「COPD」などにより、肺活動が衰えていく様子です。呼吸器が満足に働かず、吸うことも吐くこともままならない苦しみは、陸に居ながらにして溺れる苦しみとも言われています。
これを見ると少しでも早く若い段階で禁煙した方がいい事がよく解りますね

でも、もちろん年をかさねた方の禁煙でも効果は歴然ですがね



では、
☆タバコをやめたい方だけ↓「続きを読む」をクリックしてください。
タバコの害は癌だけと思っていませんか!?
とんでもありません。喫煙者は非喫煙者より、あらゆる面で危険にさらされているのです

最初にタバコの煙が充満する口腔内への影響

綺麗な歯茎歯槽膿漏で黒く変色した歯茎





これは、左は綺麗な歯茎。右はタバコなど喫煙などで血行不良とかで歯槽膿漏で真っ黒になった歯茎です。

綺麗な歯の裏ヤニなどで真っ黒な歯の裏!





そして、綺麗な歯の裏とヤニで真っ黒な歯の裏です!
タバコをやめて初めて気がついたのですが‥マジで喫煙者の吐く息は
臭いです。びっくりするくらい
これら歯槽膿漏などにより、虫歯以外でも若いうちにどんどん歯が無くなって行く事も結構多いのです!おいらもタバコ吸っていた時には歯や歯茎にまでタバコの影響があるなんて考えてもみませんでした(歯が悪いので後悔してもし切れませんが‥

口腔の後真っ先に影響を受けるのは喉。

↓喉頭癌の写真です!
喉頭癌の手術をした喉喉ぼとけの中には、「声帯」があります。一日二十本もタバコを吸う人は、ここを四十七種類もの発ガン物質を含んだ煙が行ったり来たり

隅っこにくっいた発ガン物質によりこの人はかわいそうに喉ぼとけの上から全部切り取らなければならなく
なってしまったのです。声も出せず、臭いもわからなくなります

そして‥
タバコ病の代表はやはり肺癌

健康で綺麗な肺と汚れた肺








左は黒くて汚い肺の写真。右の非喫煙者の綺麗な肺と全然違いますよね!
こういう風に黒くなるのは、タバコ吸いだけなんだそうです


肺癌になった肺肺癌になった肺です!


肉色の部分、黒いところから癌になったようです。

肺手術の写真肺手術の写真です。

普通だったらピンク色でふかふかしているものが、これはタールの漬物になっているようですね。気持ち悪くてすみません


タバコを吸うと肺がこんなにも汚くなるのには理由があります。

線毛の写真
これは線毛と言う、肺の細い気管支の中には
こういう線毛というものがあって、中をエスカレーターのように痰と一緒に異物を肺の外へ押し出す役目をしています。



これがタバコを吸うと‥



線毛が細くなり抜けている写真
線毛が細くなり抜けてしまう

これでは、ほこりやゴミを外に送り出そうとする働きが鈍って汚い物が肺にいっぱい溜まって行くのは一目瞭然ですね

タバコを吸うと肺機能がばかになっていると言ってもいいでしょう!



余談ですが‥この線毛の事を知っておいらが禁煙して約2〜3ヶ月くらい経った時、少しのほこりやタバコの煙で、ゴホンゴホンとすごくむせ返っていた理由がやっと納得出来ました!

線毛が抜けていて少ないのに、タバコによってばかになっていた機能がだんだん回復して来て、神経がはっきりしてきた結果だったのですね。禁煙が進むうちにやがて線毛も回復してきてだんだんと平常になってきました。でも、タバコの副流煙だけはやっぱり今も苦手で、すぐに頭痛くなります。これは、有害物質を体が正常に拒絶するように戻った証拠かなぁと!



喫煙者と非喫煙者の違い これは、喫煙者と非喫煙者の一生の健康状態と寿命の統計を表した表です。

喫煙者は非喫煙者より寿命が短いどころか、寝たきり、または闘病の期間が長い事がわかりますよね。言い方を変えれば、


喫煙者は非喫煙者より苦しんで死ぬ確立が高い。と言う事です


よく、喫煙者は‥

「好きなタバコを吸って太く短くスパッと死ねれば本望だよ!」とか言いますが、タバコという奴、なかなか現実は楽に死なせてはくれそうにありませんからね

そのことをしっかり認識した上でタバコをまだ吸うのであれば‥
しっかりマナーを守る優良喫煙者でいてください。

おいらが言えるのはただ一言‥

「どうぞ、あなたの体です。ご自由に



イラスト及び資料参考文献

子供たちにタバコの真実を 
平間敬文著 かもがわ出版 より
http://www.hirama-byouin.or.jp/muen/books/200208book1.html
(平間病院ホームページより)

たばこ病辞典
加納正人 松崎道幸 渡辺文学 実践社
タバコ病辞典―吸う人も吸わない人も危ない
クチコミを見る

まだ、タバコですか?
宮島英紀 講談社
まだ、タバコですか? (講談社現代新書)
クチコミを見る



ブログランキング参加中!

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・(タバコ)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ